プロフィール

 

 

家の片づけを通して

暮らしや人生を

豊かでかけがえのないものにしよう 

 

 

 【活動内容】

家の片づけ 個人レッスン 

片づけセミナー 開講

片づけアドバイザー 松崎陽子

 

浜松市在住

二児の母。

2015年12月 整理収納アドバイザー1級取得

短大を卒業後

事務職を6年、販売職を4年経験し、結婚退職。

そして、間もなく長男を妊娠。


その後、思いもしない現実が待っていました。


平成17年3月11日


妊娠8ヶ月の時、数日前から胎動が感じられず、年の為受けた診察で、緊急帝王切開が決まる。


1048gの極低出生体重児としての出産。


「間一髪だった」


執刀医の先生の言葉が、今でも忘れられません。


その時の私は、一生分の涙を流したのではとい思うほど

 

泣いてばかりの産後でした。


生まれて数分での人工呼吸器。

NICUでは、たくさんの点滴に繋がれ

ほとんど動くことができない状態。


小さな小さな体で必死に生きる為に頑張る長男がいました。

 

 

直接母乳をあげることすらできない自分。

 

 


「私がこんなに小さく産まなければ。。。」

 

自分を責めることしか出来ませんでした。

 

 

息子は、たくさんの困難を乗り越え

NICU・GCUでの4ヶ月半の入院を経て無事退院。

その後、不安だらけの育児がスタートしました。

 

体も発達もゆっくりな長男の子育ては

 

いつまで経っても増えない体重にいつもため息。

(現在、12才でやっと27Kgを超えました)

 

同じ年代のお子さんを見る度に、息子の穏やかな発達がとても不安になりました。

 

 

5月の予定日が3月の早産となり

本来の学年よりもひとつ上がってしまったことも

息子にとって大きな壁となりました。

 

 

優しい母親でいたいのに、いつもイライラ。

 

気持ちに余裕がない暮らしは

いつしかモノで溢れる住環境にもストレスを感じるようになりました。


2人目を望むようになった時

妊娠中は管理入院の可能性があり、大きい病院のある浜松市へ引っ越すことに。

そのタイミングでの新居の建築。

そして、同居の始まり。


「広い新築の家に引っ越せば、理想の暮らしが待っている!」

「きっと、すっきり片づくはず!」


そう思っていました。


しかし、現状は変わらず。


さらに家中にモノが溢れ出し

収納が悪いからだと

ホームセンターや100均に行っては

無駄に収納用品を購入し、失敗を繰り返していました。

 

この時の経験が、のちに片づけレッスンにて

 

収納スペースや収納ケースがあれば片づくことではないよーと

 

いつもお伝えする名ゼリフの土台となりました。

 

 

家の片づけがうまくいかないと

家事も子育ても更にうまくいかないと思うようになりました。

 

子育てに対する不安は、やがて長男の将来の不安へと繋がっていきました。

 

また、元々アレルギー体質だった長女のアトピー発症が追い打ちをかけます。

 


まめに掃除をしなければいけないのに、モノだらけで出来ない現実。


頭で分かっているのに、出来ない葛藤。


子育てを経験する中で、つい周りと比べている自分。


おもちゃや学用品、私物で埋め尽くされたリビング。


パンダのマークの段ボールが、何年経ってもクローゼットに鎮座する現実。


そして、家事効率の悪さ。

 


コンロ周りに置かれたスパイスラックは常に油まみれ。

水切りカゴやシンクは、気が付くとカビが生え

三角コーナーを常に歯ブラシでゴシゴシ洗う面倒な夜のリセット習慣。


キッチンがごちゃつくのは、収納のせいだと

いくつも、100均でカゴを購入を繰り返し

気が付けば、収納ケースだらけのキッチンスペースに。

 

予定よりも早く始まった同居は、たくさんの価値観のギャップを感じました。

 

 

その当時感じていたストレスは、様々な要因が複雑に絡み合い

 

何をどうしたら、もっとほっとする空間を得られるのか分かりませんでした。

 

 

ある時「整理収納アドバイザー」という資格を知りました。

 


忘れ物が多く片づけの苦手な長男のために


アトピーが悪化してしまった長女のために


そして


いつでも気軽に友達の呼べる家にしたい!

 

という自分自身のために


「本気で家を片づける」


という思いから、整理収納アドバイザー1級を取得しました。

 

 

その後、片づけの恩師である

石阪京子先生の「奇跡の3日片づけメソッド」に出会い

 

家の片づけと心のマインドに密接な関係があることを知りました。

 

 

片づけで一番大切なことは、「思考改革」

 

 

この言葉の通り、それまでの思考を整理することが

何より優先すべきことだったのです。


収納の形ばかりを追い求めていたのは、間違いだったこと。


暮らしや人生において、何を大切にしたいのか。

 

今、優先すべきことを明確にすること。


今までたくさんのモノに囲まれ

手放すことが出来なかったのは


何を一番優先すべきかが、分からなかったからでした。

 


私が一番優先すべきことは


「穏やかな気持ちで子育てができる心の余裕を取り戻すこと」

 

「子供が、自分のことが自分でできる仕組みを作ること」


そして、家族が家族でいられる今を大切に過ごせるよう

 

今の自分が管理できる量までモノを厳選することでした。

 

家の片づけは、単にモノを整理し収納するだけでなく

 

無駄を省き、効率よく暮らしを楽しめる仕組みを作ることができます。


また、経済効果は絶大に現れます。

 


ショッピングモールに行けば、買い物ばかり

 

週末はストレスから外食ばかりの以前から比べると

 

今の我が家は、断然教育費にお金が掛かっているにも関わらず

変わらない経済状態です。


また住空間が整うと、自然と家計の管理も出来るようになります。
(書類整理が、大きな要因です)

 


そして何より、現代の多くの女性に必要な


「心と時間の余裕」をもたらすことが出来るのです。

 

 

 


さらに、心の余裕は、自分自身だけでなく

 

家族にも良い連鎖をもたらします。

 

ずっと、子育て・家事そして自分自身にも自信が持てなかった過去。


家の片づけは、部屋がすっきりするだけでなく

人生において、大切なことを学ぶ貴重な経験となりました。

 


 

家一軒片づけきった現在の私は


ずっと子育てに対して感じていた不安は少しずつ小さくなり

その分、息子の個性を尊敬すらできるようになりました。


勉強や体力に自信がなくて苦手でも

他人の心の痛みを感じてあげられる

心の優しい青年へと成長しています。


そして、自分をずっと責め続けたいた私はもういません。


片づけによって、自分とは、家族とは

そして、人生とは何かを見出したことで

 

今という時がとても幸せで、目の前にあるあたりまえの日常が

とても愛おしく思えるようになりました。


 

これからは

 

家事・仕事・子育てに頑張る女性に

 

自らが体験した幸せの原点を

 

片づけレッスンを通してお伝えしたいと思っています。

 

 

これが、活動理念となっています。。

 

【過去セミナー実績】

株式会社 ジェネビル様主催「整理収納セミナー」

ほっとフォトクラブ様主催 「ママのための片づけ基礎講座」

えほん文庫様にて「おもちゃのお片づけ講座・ママのための片づけ基礎講座」開講

Anyコワーキングスペース様にて「衣類整理にチャレンジしてみよう!1」開講

有限会社 畑義治会計事務所様主催「片づけ基礎講座」開講

 

【掲載情報誌】

まみたん浜松版 2016.6月号「おもちゃスペースの作り方」特集  アドバイス・監修

まみたん浜松版 2017年 冬特別号「リバウンドのない整理術」特集 アドバイス・監修

 

 

片づけのリバウンドから卒業

部屋もこころも「あったかいおうち」。

あなたのこころに寄り添う 片づけアドバイザー 松崎陽子